June 03, 2010

3008発表会に驚きのゲスト

100603-3008-016月1日発表のプジョーのクロスオーバー「3008」の発表会にお邪魔しました。

なぜ2日後の6月3日に発表会が開かれたのだろう?
100603-3008-02308を少し背高にしてSUVっぽくしたのが3008。いわゆるクロスオーバーというジャンルですね。全長4365×全幅1835×全高1635mmは、308ハッチに比べてそれぞれ75/15/120mmの拡大。308ハッチとはずいぶん印象が違います。インテリアも、トグルスイッチやヘッドアップディスプレイなどの採用で、308HBよりもスポーティかつ豪華な雰囲気です。
100603-3008-03100603-3008-04
上下2分割テールゲートを採用。下側はそのままの状態でも、また倒しても荷物の出し入れが可能。ベンチにもなります(撮影協力=miyaya)。フロアボードは3段階に高さが調節できます。

価格はファブリックシートの「3008プレミアム」が339万円。レザーシートが奢られる「3008グリフ」が385万円。どちらも、1.6L直噴ターボ+6ATを搭載。パノラミックガラスルーフ、車間距離警告システム、ロールを抑制するダイナミックロールコントロールは全グレードに標準です。プレミアムは価格も魅力的です。
100603-3008-05発表会には、FC RYUKYUの総監督を務めるトルシエ氏が来場。現在、プジョーがチームをサポートしており、さっそく3008がトルシエ氏に渡されました。
100603-3008-06さらに会場には、先日インターネットでの予約注文が始まったRCZが展示されていました。予約開始から10日間で約100台の予約注文があったそうです。個人的にはこちらに興味があります(笑)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/motoring/51046407