February 24, 2010

Eクラス発表会

100224-E-01メルセデス・ベンツの発表会が、東京国際フォーラムで開かれました。まだ開場前なのに人が集まってる!
最前列に陣取りたかったので少し早めに出かけたんですが、すでの入場待ちの列ができていました。こんなことはめったにありません。10分ほど待って入場、端っこでしたがなんとか最前列をキープ!

100224-E-02発表されたのは、Eクラスステーションワゴン。今回、ディーゼルエンジンモデルが追加されるというので、たくさんのメディアが詰めかることに。
私は最前列で、発表会の様子をストリーミングしていました。録画されたビデオがココに残ってます。iPhoneからなので画像は見にくいですが、音声は聞こえますね。11分過ぎからは日本語で製品説明があります。

レポートはwebCGをご覧いただくとして、エコカー減税(実は100%免税!、42〜43万円)や購入補助(いろいろ条件はありますが、平成22年度予算に盛り込まれれば40万円近い!?)を考えると、かなりお買い得です。これは売れそう。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/motoring/50997332
この記事へのコメント
ついにEクラスワゴンも新型になってしまったのかというところです。
個人的には前モデルの方がエレガントさを感じます。
特徴的なフロントライトデザインは、生産中止となったトヨタのマーク競屮螢奪(マーク兇離薀ぅ肇丱)を連想してしまいます。ブリットは街中でちょくちょく見掛けます。ブリットユーザーにとっては親近感を感じることでしょう。
見習れてしまえば、あまり気になることは、なくなるのでしょうけども・・。

Posted by GolVarin at February 26, 2010 01:29
追記です。
ただ、ディーゼルエンジンを積極的に日本に入れる点は、さすがメルセデスだと思います。
実燃費の良さや燃料単価が安いディーゼルエンジンには昔から興味があります。
是非とも試乗してみたいです。
Posted by GolVarin at February 26, 2010 01:44
実際に買うかと問われれば、車(メーカー)がユーザーを選ぶとよく言われますが、VWゴルフウ"ァリアントが発売された当時感じた物欲というか車からの引きは感じません。エクステリアスタイルや車両価格帯、維持費用、世間体(車選びに、つきもので身の丈に合うか否か)、サイズなど、個人的理想から外れています。でもディーゼルエンジンからのみ、引力(=興味)を感じます。
Posted by GolVarin at March 05, 2010 02:40
ディーゼルエンジンは、何故か日本では受け入れられないですが(七不思議)、VWのTDI+DSGの組み合わせは、本国では実績もあり相性が良いとのことなので、くどいですが日本に導入して欲しいです。経済性重視で動力性能も良いとのことなので、是非試乗したいです。
個人的にはVWの社会性、経済性、信頼性、ブランドイメージ、技術先進性が、他のメーカーよりも個人的要望や理想に最も近いと感じます。
Posted by GolVarin at March 06, 2010 06:03