June 17, 2008

ついに登場! 7段DSG搭載のゴルフ

080617-7DSG-01ゴルフEに代わるゴルフの新しいエントリーモデル「ゴルフTSIトレンドライン」が登場! 注目のパワートレインは、1.4リッターシングルチャージャーと7段DSGの組み合わせです。
080617-7DSG-02ゴルフEの後継モデルということで、オートエアコンやクルーズコントロールといった装備は省かれています。個人的には、どちらも要らないですけどね(笑)。カーナビはオプションです。ステアリングホイールとシフトレバー、パーキングブレーキレバーが革巻きじゃないのが残念。
080617-7DSG-03ゴルフEになかったマルチファンクションインジケーターが、このTSI TLでは標準装着されるのはうれしい。これで平均燃費や瞬間燃費がチェックできます。
080617-7DSG-04足もとは、195/65R15の省燃費タイヤ(試乗車にはコンチ・エココンタクト3が装着されていました)とスチールホイールの組み合わせ。こういった内容で、価格はゴルフEに対して3万円アップの248万円です。
搭載される1.4リッターTSIはターボだけの「シングルチャージャー」で、最高出力122ps/5000rpm、最大トルク20.4kgm/1500〜4000rpmというスペック。これに乾式クラッチを使用した7段DSGが組み合わされ、10・15モード燃費は15.4km/Lをマークします。これは日本で販売されたフォルクスワーゲンとしては最高の数字だそうです。

さっそく千葉で試乗しましたが、結論からいえば、これで十分という性能です。低回転では、ツインチャージャーにような太いトルクはありませんが、それでも2リッター自然吸気のFSIよりも力強い印象で、アクセルに対する反応も良好。ツインチャージャーのようにノイズが大きくないのも好ましい点です。

常用する回転域では、フラットなトルク特性でとても扱いやすく、シフトもスムーズ。回転を上げると、ツインチャージャーほどの勢いがないばかりか、2リッターFSIにも及ばない印象ですが、逆に低中速域で盛り上がるトルク特性を活かし、あまり回転を上げずに加速するのが効率的なのかもしれません。

乗り心地は、省燃費タイヤのアタリが硬いのが気になりますが、サスペンションそのものはゴルフのベーシックモデルらしいしなやかなものです。

たまにはスポーティに走りたい!というなら、GT TSIやTSIコンフォートラインがお勧めですが、ふつうに使うならこのTSI TLはなかなかのバリューモデルです。これからゴルフを買おうという人は、大いに悩みそうですね(笑)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/motoring/50663176
この記事へのコメント
これにするかな・・・!?
Posted by GPS at June 17, 2008 14:37
GPSさん、こんにちは。

私はもう少し荷物が積めるクルマのほうがいいなぁ……。
Posted by うぶかた at June 17, 2008 17:24
これで 私が乗っている テンロクFSIあかトゥーランがレアな廉価版になってしまいます。色もエンジンも・・・・
だから長く乗りますよ(^^ゞ
Posted by akatouran at June 18, 2008 23:14
VariantのTrendlineも出るはずなので、うぶかたさんはそれまで待って下さい。
Posted by ady1996 at June 19, 2008 10:10
akatouranさん、こんにちは。

お互いあかトゥーランで頑張りましょう……裏切ったらごめんなさい(笑)

ady1996さん、こんにちは。

もうしばらくの辛抱でしょうか!?
Posted by うぶかた at June 19, 2008 15:37
もし、以前乗っておられたゴルフGLiとトレンドラインのどちらかを
選ぶとすればどちらになりますでしょうか?
(私の場合、どうしてもGLiとの比較になってしまいますが。。。)
Posted by kenken at June 21, 2008 00:00
kenkenさん、こんにちは。

GLiとトレンドライン、
これまた難しい比較ですね。

いまならトレンドラインを選ぶでしょうね。
もちろん、GLiからトレンドラインに買い換えるほどではありませんよ!

それから、トレンドラインはカラーバリエーション少なすぎ!
もう少し買う側の立場を考えてほしいですね。
Posted by うぶかた at June 22, 2008 20:53