March 11, 2008

初乗り! フィアット500

080311-500-1今年一番のなごみ系、フィアット500に試乗!

思わず頬が緩んでしまいます。
080311-500-42月22日の発表会に出られなかったので、実物を見るのはこれが初めて。試乗車は200台限定のローンチモデル「フィアット500 1.2 8VラウンジSS」で、すでに完売とか。オートエアコンやパワーウインドーのスイッチなどは見覚えがありますが、メーターやインパネのまとめ方など、シンプルなのによくデザインされてます。
080311-500-3ボディ同色のパネルやメッキのドアノブもかわいい。
080311-500-5大きなガラスルーフは標準装備。キャンバストップのほうが雰囲気はあると思いますが、雨の日でも楽しめるのがガラスルーフの特権。ガラス自体は固定式です。サンシェードはありますが夏場は暑いかも……。
080311-500-2荷室はこんな感じ。全長3545mmのハッチバックとしてはサイズ相応といえます。これならスーツケースも積めそう。
試乗車は、カタログモデルの「フィアット500 1.2 8Vラウンジ」同様、1.2リッター直列4気筒SOHC8バルブ(69ps/10.4kgm)に2ペダル5段の「デュアロジック」の組み合わせ。当面、マニュアルの導入予定はないとか。

街中を運転するかぎり、エンジンのパワーは必要十分といったところで、デュアロジックはシフトアップ時の空走感があるものの、マニュアルモードでシフトアップ時にタイミングよくアクセルを抜いてやればスムーズに走れます。

乗り心地はピッチングが気になったり、路面によっては跳ね気味だったりしますが、目くじらを立てるほどではありません。

そんなことより、渋滞の中をノロノロ走っていても楽しい気分になれるのがフィアット500最大の美点。注目度も高く、写真を撮っていたら、「20年前にフィアット500に乗ってたんですよ」なんていいながら近寄ってくる人がいたりなんかして、すっかりなごんでしまった私でした。

街乗り用にほしいクルマが続々と登場して、うれしい悲鳴です(笑)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ティンクチェントですね!
小粋な車です。街載り用にはぴったりな車で、自分もほしくなりました。
(妻から怒られるはずで..NGでしょうねぇ..)
こんな楽しい癒し系の車が街に溢れ出したら、街行く人がみんな笑顔になるような気がします。
Posted by 気軽にお出かけ at March 11, 2008 20:23
気軽にお出かけさん、こんにちは。

最近小さいクルマが気になるんですが
どうせ乗るならカッコイイのがいいなぁ……なんて(笑)
Posted by うぶかた at March 11, 2008 21:09