February 13, 2008

SL63AMGに新AT

080213-SL63AMGSLのビッグマイナーにあわせて、AMG SLもモデルチェンジ。

注目はズバリ「AMGスピードシフトMCT」!
モデルチェンジの内容はココにレポートしましたが、注目は新開発のトランスミッション「AMGスピードシフトMCT」です。これまでの7段ATをベースに、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを使うという凝りよう。

動画の後半は無音ですが、1分40秒あたりから、AMGスピードシフトMCTの構造がわかる内容になっています。



これでシフト時間が最速0.1秒といいますから、IS Fとどっちが気持ちがいいのか、直接対決させたいですね!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/motoring/50533439
この記事へのコメント
毎回ムービー楽しみにしています。
7段DSGもそうですがムービーだと分かりやすいです。
私の360はコンピューターを交換したら、全く不満のないレベルです。
なによりシフトアップ時にもブリッピングが入るのは驚きです。
最近のミッションが良いのは、コンピューター制御と油圧アクチュエーターの出来が良くなっているからではないでしょうか。
Posted by komi at February 13, 2008 20:31
komiさん、こんにちは。

コンピューターの変更で結構変わるんですね。

そういえば、ゴルフGTIカップのDSGは
専用のプログラムに入れ替えられていて
Sモードではスピードが下がるとバンバン
シフトダウンするので
マニュアル操作が必要ないとのこと。

いろんなパターンが自由にダウンロードできたら
面白そうですよね。
Posted by うぶかた at February 14, 2008 20:43