January 29, 2008

スポーツクーペからCLCへ

080129-CLC-02ベルリンで公開されたメルセデス・ベンツCLC。スポーツクーペの後継モデルです……というか超ビッグマイナーチェンジ!?
080129-CLC-03スポーツクーペに対して1100以上のパーツを新開発、あるいは、改良したというだけに、フロントマスクなど、現行Cクラスのアバンギャルドそっくりに大変身! サイドビューやリヤビューにはスポーツクーペの名残がありますが、十分新しさも感じられるデザインになっています。
080129-CLC-04こちらはコクピットの様子。ステアリングホイールは現行Cクラスと同じデザインですが、ダッシュボードはスポーツクーペとさほど変わりません。

マイナーチェンジしたSLKに採用された可変ステアリングギア機構の「ダイレクトステアシステム」はスポーツパッケージ装着車に標準です。
080129-CLC-05エンジンは、1.8リッター直4コンプレッサーが2種類(143psと184ps)と2.5リッターV6、3.5リッターV6、そして2.2リッターの直4ディーゼルの6種類。オートマチックは直4が5段、V6が7段(7G-TRONIC)になります。
FRのメルセデスという意味ではエントリーモデルになるこのCLC、ドイツでは春頃にデリバリーが開始されるそうですが、果たして若者や女性を惹きつけることはできるのでしょうか?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/motoring/50525279
この記事へのコメント
どうやらというか、やっぱりというか、
日本導入はないようです。
Posted by うぶかた at February 13, 2008 15:48