December 22, 2007

900円でお願いします!

071222-首都高首都高の話題をもうひとつ。山手トンネルの開通を記念して、12月13日、こんなシンポジウムが開かれました。
『首都圏 首都高速の未来を考える』と題したシンポジウム、主催はNPOの「モビリティ21」、後援は首都高速道路株式会社。どんな内容だったかはこの記事が参考になると思います(ただし、主催者に近い側からのレポートです)。

シンポジウムの前半は、、早稲田大学商学学術院教授/(財)道路経済研究所理事長の杉山雅洋氏と、首都高速道路(株)執行役員の渡口 潔氏による講演でした。杉山氏のテーマは『首都圏の高速道路のあり方と課題』で、“三環状”と呼ばれる圏央道、外環道、首都高中央環状線の整備により、都心の渋滞が大幅に緩和されることが期待されるが、道路によってバラバラの料金体系は利用者にとって不便なので、首都高や外環道は均一料金から距離別料金へ移行するのが望ましいと述べてています。ちなみに杉山氏は「首都高の料金に関する懇談会」の座長です。

これを受けて渡口氏が2008年に始まる首都高の距離別料金制度について説明。料金の根拠や料金案について話がありました。

その後はこのおふたりとモータージャーナリストなどによるパネルディスカッションが行われました。

私としても、距離別料金制度への移行には賛成ですが、いまの案では、東京線の上限料金が1200円で、現行の500円アップ、1.7倍に跳ね上がるのを素直に受け入れることはできません。料金が倍の大型車ドライバーならなおさらのことだと思いますが、パネルディスカッションではそんな意見はまったくなく、なんだかなぁというのが正直な感想でした。

何も考えなければ、上限料金は現状維持で、距離によって料金を安くしてほしいくらい。でも、首都高が抱える借金を考えたらそれが非現実的なのはわかるので、上限900円くらいでガマンしたいなぁ、というのが私の意見です。専門家には「そんなに安いと借金は返せないよ!」といわれるでしょうが、だったら借金返済後に料金をタダにするなんていわず、有料のままでいいから、いまより安く利用することを考えてみてはどうかと思うのですが、いかがでしょう?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/motoring/50503631
この記事へのコメント
NAVIのコラムを読みました。
生方さんに禿げしく同意ですね。
いきなり1200円かよッ!!と・・・
しかも無料になるのは未定!?

 ウワァァァンヽ(`Д´)ノ
Posted by グリフP at December 26, 2007 16:40
グリフPさん、こんにちは。

道路特定財源を使って上限1000円にするという案もあるみたいですが、道路特定財源の税率で揺れているくらいですから、いったいどうなることやら。こちらも目が離せません!
Posted by うぶかた at December 26, 2007 19:01
自動車関連税の暫定税率による上乗せ分だけで全国の高速道路を無料化できるという意見もあります。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071009/137073/

首都高の場合、無料化して都心へ車が集中するのは問題でしょうから、都心へ流入する車を減らすような料金体系、すなわち、都心へ向かうと通り抜けるだけでも料金が高くなる料金体系の方が合理的だと思いますが。
Posted by Lion de Belfort at December 27, 2007 11:28
Lion de Belfortさん、こんにちは。

外環道や首都高の中央環状線の整備が進み、必要のないクルマが都心を通過しなくていい状況が早く訪れるといいんですが。

まずは2009年度に中央環状新宿線の残り(西新宿JCT〜大橋JCT)が開通したところで、どの程度都心の渋滞が減るのか、期待したいところです。
Posted by うぶかた at December 27, 2007 12:29