December 21, 2007

SLKが化粧直し

071221-SLK-01SLKがマイナーチェンジ、フロントバンパーが派手ですね!
071221-SLK-02新しい顔のSLK、リヤバンパーにディフューザーっぽいデザインを採用したり、テールパイプが台形になったりと、一目で違いがわかります。
071221-SLK-03エンジンのラインアップは、1.8リッターのスーパーチャージャー付直4、3リッターV6、3.5リッターV6、そして、5.5リッターのスーパーチャージャー付V8と変わりませんが、SLK200Kの直4は15kW/10NmアップでC200Kと同じスペックになり、また写真のSLK350も24kW/10Nmのプラスに。

SLK55 AMGには“ダイレクトステアシステム”が標準装備。これは可変ギアレシオの油圧式パワステで、とくに目新しい技術ではありませんが、中立付近ではスローにして直進安定性を確保する一方、ステアリングを切り込むにつれギア比を高くすることでダイレクト感を向上しています。
ヨーロッパでは2008年4月からデリバリーが始まります。日本はいつ?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/motoring/50503322
この記事へのコメント
おはようございます。
バンパーが変わっただけで、かなりアクが強くなった印象をを持ちました。

ただ最近のメルセデス“強烈すぎじゃないか?”と個人的には思ってしまいます。Cのアドバンテージや、R、GL、CLS、そしてX3対抗車種のGLKなど。
今のBMWは1からX6までどのデザインも同じ濃さのような気がしますが、メルセデスはばらつきがあり車種によっては戸惑わされます。

クリスバングルデザインへの対抗や、新たな顧客を獲得するための戦略なのでしょうが、メルセデスのエレガントさが薄まってしまったように感じて少し残念です。

でも乗り味はどの車種でも“メルセデス”で素晴らしいのでしょうね(笑)
Posted by 2.0TFSI at December 22, 2007 12:25
2.0TFSIさん、こんにちは。

メルセデスやBMWだけでなく、VとかAとかも最近、“強面(こわおもて)”が多いですよね。スポーツカーでもスポーティなのとアクが強いのとは違うと思うんですけどねぇ。

Posted by Cクラスはエレガンス派のうぶかた at December 22, 2007 12:33
AFS(配光可変型前照灯)が使われるようになったあたりから、目つきが鋭くなって強面の車種が増えたような気もします。
Posted by 2.0TFSI at December 22, 2007 13:15
このフェイスはいけませんね。SLKはどうも中途半端で好きになれません。マセのグランツーリスモvsベビーアストンvsジャガーXKRvsBMW−M6vsポルシェ997、そうして、これらvsニューGTRなんてAUTOCAR的企画はないでしょうか?
Posted by tony at January 08, 2008 22:38
tonyさん、こんにちは。

値段は別にして、気軽に乗れるオープン2シーターとしてSLKは悪くないと思いますが、私のほしいクルマリストに入らないのも事実。だって、ボクスターのほうが楽しいもん!(笑)
Posted by うぶかた at January 10, 2008 12:51