August 26, 2006

LEDポジションランプが切れた

060826-LED夜、コンビニの駐車場に頭から停めて、ふとガラスに映ったMy987を見ると何か変。あっ、ポジションランプが切れてる!
ポジションランプの球切れ警告をキャンセルしているので、全然気づきませんでした。LEDタイプのPIAA H-376に替えてから約半年、寿命短いなぁ。

そのまま捨てるのは惜しいので、分解してみました(分解大好き!)。左上から時計回りに、T10ウェッジベース、ヒートシンク、レンズ、LED、抵抗。結構、コストかかってそうです。LEDは日亜化学の表面実装型NICHIARIGEL NFSW036Bのようです(実はよくわかっていない f^_^;)。正方形のベースの一辺はわずか3.5mm。これを3つ直列に接続しますが、それだけだと各LEDにかかる電圧が高すぎるので、さらに47オームの抵抗が直列に入っていました。

3つのLEDのうち1個が切れ、暗くなってました。そのままにしておくわけにいかず、いつものシノノメに行くとこの商品だけが在庫切れ。しばらく悩んだところで、PIAA H-376よりも安くて、比較的明るくて、車検対応というRaybrig RC785が目に入り、これを購入。さっそく駐車場で装着して無事帰ることができました。

試しに、RC785を取り付けた状態で自作の球切れ警告キャンセラーを外すと、しっかり警告が出ました。

PIAA H-376の片割れは、いざというときのためのスペアとしてとっておこうと思います。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/motoring/50282985
この記事へのコメント
LEDを直列駆動とは、驚きました。各LEDの順方向電圧VF(4V前後)や、抵抗値Rはばらつきがありますから、明るさをちゃんと合わせようとすると、並列駆動になると思うのですが、コストダウンの要求でこうなったのでしょうか。

47Ωという値は、(14.4V-3VF)/300mAで出てきた値だと思われます。直列駆動で、結構な電流が流れるであろうことは、抵抗器の大きさが物語っています。

最近、シガレットライターソケット関係の電装品を購入しましたが、分解すると、唖然とするほど粗雑なつくりでした。これだったら、秋葉原行って部品集めて自分で作ったほうがましだ、と思うほどに。

今後も生方さんの分解レポートに期待しています。
Posted by まーねこ at September 02, 2006 22:20
LEDポジションランプくらいだと、ネットで“工作キット”が売られてますから、そのほうが安いうえに、かえって精巧にできるかもしれませんね。

ただ、恥ずかしながら私のハンダづけの腕は最悪で、学生時代の電気実験で失敗して以来、ハンダごてを持つことはありません(笑)。

ちなみに、次はトゥーランのフロントスピーカー交換をたくらんでいます。これならハンダづけの必要はありませんからね。
Posted by うぶかた at September 04, 2006 13:55